Taki

老舗うなぎ屋の
リブランディング

炭焼きうなぎ喜多川 様

ブランディング/ ・Webサイト制作 ・店舗ロゴ制作 ・ステートメント制作 ・リーフレット制作 ・店頭ツール制作 ・パッケージ制作

課題

岐阜柳津にある老舗うなぎ屋のリブランディングプロジェクト。店主の代変わりのタイミングで、今後より長く愛されるためのブランディングをしていきたいとのご依頼がありました。もともと地元でも人気の名店であり、より高い付加価値を提供できる店としてこの先どういった顔つきにしていくべきかをお客様とディスカッションしながら制作に入りました。

解決策

ステートメント(企業理念)開発、店舗ロゴやコミュニケーションツールの作成、お客さまがスムーズに活用できるUI/UXを意識したWeb設計・デザインなどを行いました。また、お持ち帰り弁当のパッケージ開発、店頭で販売するオリジナル商品のデザインを行うことで付加価値を生み出し、より高い満足感をお客さまに感じてもらうためのコミュニケーションデザインをトータルでお手伝いさせていただきました。

制作の流れ

最初のステップとしてコピーライター、アートディレクター、プロデューサーによる複数回のヒアリングを実施。競合調査やターゲット設定、リサーチなどを行い課題を明確にしていきました。

そして店主の店やうなぎに対する想いを整理し、本質をすくい上げる作業として、まずはステートメント(企業理念)を制作。これからの「軸」になる部分を作り上げ、その言葉をもとにプロジェクトの全体像を視覚化したコンセプトマップを制作。今回のブランディングプロジェクトの“道しるべ”とし、お客様とともにマップを確認しながら進行にあたりました。

実制作では、それらの想いを視覚化した店舗ロゴ、Webサイト、店頭の紙袋や封筒などのアプリケーションツール、のれん、お持ち帰り弁当のパッケージなどをトータルでデザイン。ユーザー分析を行った上で、検証を繰り返し最適なデザインに落とし込んでいます。アプリケーションツールには数十種類の紙の中から温もりが感じられる紙を厳選し、上質感と親近感の最適なバランスを保てるよう注意を払っています。

Webサイトは、トップページにお持ち帰りボタンを配置することで回遊性を高めたりするなど、お客さまが検討してから注文してもらうまでの機会ロスを削減することを意識して、CTA(コールトゥアクション)率を高める情報構造の設計をしています。
視覚的な面から魅力が伝わるよう、デザイン・写真・テキストで上質感が伝わる設計をしました。システム優先の画一的なサイトではなく、美味しさの理由がしっかりとわかる、店主の「想い」が伝わるサイトになるようデザインしています。

さらに、今回のブランディングの意図が従業員の方にもしっかり伝わることが必要と考え、ステートメントやこれからの店のあり方などをまとめた「ブランドブック」を制作しました。

本プロジェクトは、店主の想いに寄り添いながら、トータルでデザインに関わるという私たちクリエイターにとっても幸せなプロジェクトになりました。培われてきた伝統を守りながら、もっと長く愛される店へ。これからもデザインの力で喜多川様をサポートしていけたらと思います。

  • STEP_1

    課題ヒアリング
    &調査

  • STEP_2

    ステートメント
    (企業理念)
    &コンセプトマップ作成

  • STEP_3

    ロゴマーク作成

  • STEP_4

    ウェブ情報設計
    &デザイン

  • STEP_5

    コミュニケーション
    ツール
    デザイン制作

  • STEP_6

    サイドプロジェクト
    パッケージ
    デザイン制作

  • STEP_7

    インナー向け
    浸透ツール制作

  • STEP_8

    ご納品

サービス

ブランディング/ ・Webサイト制作 ・店舗ロゴ制作 ・ステートメント制作 ・リーフレット制作 ・店頭ツール制作 ・パッケージ制作

クライアント

うなぎ喜多川

スタッフリスト

ART DIRECTER:曽根葉介 COPY WRITER:稲垣厚作 DESIGNER:花井ゆうか/北川太我/曽根葉介 WEBDIRECTER:横山光幸 PRODUCER:木本秀作

CONTACTお問い合わせ

リモート対応も可能です。
お気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせはこちら

052-265-7070